物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

捨て去ることなんて

朝目覚めた時に、ベッドの上で決意した。僕はやはり心の痛みに向き合わなくてはいけないんだと。

開店時間の30分前に店舗に電話をして、14時過ぎに来店する旨を伝えた。幸いにも営業をしていたので安心した。

休日なのに髭を剃り、暑いのにジャケットを着て革靴を履いた。

地下鉄を降りて昼間の六本木に出る、熱波に押し戻されそうな真夏の午後だった。

来意を告げたら、スタッフルームに案内された。そこで、色とりどりの集団の中から1ヶ月振りに相棒と対面を果たした。

最初は直ぐに解ると思っていたけど、そうでもないから可笑しいと思った。100に近い中から、僕はやっと相棒を救出して手に取った。何処にでもある石突きが少し曲がった傘を取り戻す。それだけで胸の支えが取れて気持ちが軽くなる。

僕を案内してくれた気怠い女の子に持って来た手土産を渡すと、意外そうに目を開いたのが印象的だった。

店を出ると通り雨、僕は得意気に取り返した僕の傘を開いて街を歩いた。雨に慌てる人を掻き分けて、ゆっくりとビルの谷間を歩く。愛情を持つものは捨てられないと思い、別れる時は逃げずにちゃんとお別れをしようと決意した。

たかが一本の傘にそこまで、時間とお金を使うのは、非合理で無駄だと思うかもしれないが、理屈で生きている訳でない、自分から捨て去ることはしたくないんだ、小さな事だけどこれは主義の問題なんだ。僕の傘を所定の傘立てに納め「世はすべてこともなし」と有名な詩人の言葉を口にする。