物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

ラブミーラブリー

空に浮かぶ満月を見ていたら、

月がきれいですね」と君に伝えたくなった。夏目漱石は日本人にはそれで伝わると言っていたけど、ちゃんと伝わると良いなって思っている。

そんなとき、君が照れる顔を想像しながら、僕は君の名前を言葉に出して呼んでみたい気分になるのさ。気持ちを込めて名前を呼ぶのは、尊敬であり感謝であり、愛する気持ちなのだ。

楽しい時間は何時でも短い、君とのデートを準備をしながら、一緒にご飯を食べるとき、君が楽しんでくれると良いなとか、僕といても飽きないように、君が喜ぶ話題は何かなって考えているときが僕の愉しみで、それは君への想いが一段と募る時間なのだ。

さりげなさを装っているが、君が緊張しながらも食事を楽しんでくれたり、僕のくだらない冗談に微笑んでくれるとき、なんだか僕は嬉しくて、幸せな気分になるのさ、全て君のお陰だと思っている。

ラブリー君は僕にとって大切な人で、真心が伝わる人で、本当の僕を見せられる人なんだ。何時も真摯に一生懸命に君を想っているよ、誰に笑われたって君を好きだ。この気持ちは止められない。

「今宵の月は本当にきれいだ」

伝わると良いなって思う。

 

広告を非表示にする