読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

海を想う

人と海の共通点について思い巡らしている。

地球における海水と人間の身体の中の水分の割合はおよそ70%だ、人の中には海があるのだ。

海水の塩分濃度は3%、胎児が浮かぶ羊水と同じ濃度である。

一分間に波が打ち寄せる回数は18回、人が一分間に呼吸をする回数も同じく18回。

海は何処までも広く大きいものの例えだ、樹海、雲海、人海戦術、血の海、少しバイオレンスだな。海にまつわる名言の中では、

「なみだは人間の作るいちばん小さな海です」という寺山修司の言葉が好きだ。

一粒づつの涙を集めて大海を創るまではどんなドラマがあったのか考えるだけで切なくなるね。好きな女の子の名前を海に向かって叫んでことは無いと思う、本当はあるけど、無いことにしておこう。

海の無い土地に生まれた僕は、海辺の風景や臭いに恋い焦がれのかもしれない。

僕は明日海に行く。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする