読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

想いは言葉を超えない

日常の幸せは、綿々たる日々の積み重ねの上に存在している。綺麗に畳んだ洗濯物、子供達の笑い声、暖かい食事と記念日のメッセージ、安心と安定、過不足なく満たされた心。自分の役割と居場所のある確かな場所。

だけど、ここは僕の本当の場所なのであろうか、そんな考えが頭に浮かんで、いつまでたっても消えずに張り付いている。

選んだつもりが選ばされていた。何も考えずに与えられた生活を過ごしているのではないか、違和感と居心地の悪さ誰が悪いわけでない、悪いのはこんな考えを持つ僕なのだ。

互いを求め合い尊重し、何時までも一緒にいたいと言う気持ちは永遠に続く訳がないから、ディズニー映画のハッピーエンドに人は魂を浄化され満ちたりた気分になる。

可能性がある限り諦めないのは性格で、僕がもつ美徳だ。でも今は少し諦めてみよう、忘れてみよう、離れてみよう。そしてそれが普通になって、何も感じなくなるまで心を棄ててみるよ。