読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

春になるまで

冬の終わりから春の始まりの間、季節が変わるまでは君を想っていたい。

コートが重く感じられ、マフラーが邪魔になるまで、桜が咲くまでは。

泳ぐ魚は素手ではなかなか掴めない、手品師のスカーフのようにするりと手を滑り消えてしまう。

理由や意味を考えている内は嘘なのだろう、ごっこ遊びをしているだけだ。

薬は効いている、気持ちは安定している。でも、近づくと感染するから君の側には近づけないよ。

広告を非表示にする