物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

Stray cat

穏やかな日々、波風の立たない凪いだ世界。

上辺の優しさと愛想笑いの日常、平凡な社会生活。日付が変わる前に家に帰り、眠るベッドは暖かい。不自由もなく全ては満たされている。こんな当たり前の生活が明日も続くのかと目を閉じて、ため息と共に眠りに就く。

やっぱり僕は無理なんだ。平穏と退屈よりも、感情をぶつけ合う混乱と奔流にのまれる世界のほうが居心地が良い、予測がつかない未来、問題の渦中にこそ現実がある。

土地や人に慣れてしまうと、友人や知り合いが増えた分だけ世界は狭くなる。窮屈なのは嫌だから逃げ出したくなってそわそわしている。ただただ面倒なのさ、無理に話を合わせるのは疲れちゃうよ。

生きる為には、咽を鳴らして甘え、すり寄って、愛してくれた人には抱かれたりしたけれど、心だけは許さなかった。居心地の良い場所、美味しいご飯、膝の上で機嫌良く眠る。油断しつつも柔らかな部分には決して触れさせない、心は許さない野良猫の気持ち。

路地の曲がり角で野良猫を見つけ近寄って、僕もこんなんだけどね、ミューミューって親しげに話しかけてみるのさ、大抵は相手にされない、野良猫とはそんなものだ。だけど群れることが嫌いな僕らは一緒に少しの間だけど夜の底をテクテクと歩いた。

「嘆いて 嘆いて 僕らは今うねりの中を歩き回る 疲れを忘れてこの地で この地で 終わらせる意味を探し求めまた歩き始める」

君がいる限りは、まだ遠くには行けないな、月が無い空は満天の宝石箱だ、君が隣にいてくれたら素敵なのに、なんて思ってキミの声を思い出してニコニコしているよ。

 

広告を非表示にする