物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

一粒で二度愛しい

君が森から拾ってきたドングリを巣穴に籠もって一つ一つ口に入れるとほっぺが落ちるぐらい甘くて切ない味がした。素直に甘えてみるものだね、君が小さな約束を覚えていてくれたことに僕は感動したよ。ホント最近で一番嬉しい出来事だった、世界で一番美味しい木の実。ここ最近タフな相手に向き合い客観的事実に基づき感傷や恐怖などの感情に流されまいと振る舞っていた僕、柔らかな君の心遣いは心にじわりと染みました。大袈裟かもしれないけど、君と逢えてよかったなってしみじみ思う。色の少ない冬に君のいる場所だけ明るく光って見えたよ、それは窓からの日差しのせいだけではないだろう。ラブリー照れる君の頬が好きだよ、楽しみがあると確かに頑張れるものだね。ありがとう(僕の大好きな言葉)

広告を非表示にする