物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

君を探している

この世に生まれた時に離れ離れになった君を探していた。僕らは別の世界で同じひとつの球体だった。この世界に来てからずっと君を見つけようとしていた、色々な人と出会い別れ、この人かと思い結婚をして子供も産まれた。運命の人と結婚したと思っていたが、そうではなかった。僕は妻を愛している、彼女を尊敬し感謝している。僕には過ぎた女性で、可愛い人だと思う、でも彼女は違う僕の半分ではない。どこかで僕の失った半分を持つ君が僕を探している限り、僕が君を見つけ出す使命は終わらない。この世界でこの人生では出会えないかも知れないけど、僕の半分を見つけ出す旅は続く。完全な球体として転がる日を夢見て、どこかにいる君を求めて日々を過ごす、そんな風に思い込んで女の娘とデートを重ねる、そしてこの人も違うと失望する。人間のクズで悪い男だけどいたって本気なんだよ。

広告を非表示にする