読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

スノードームの中に閉じ込められた世界はいつも優しく雪が舞う。

冬の柔らかな日差しが心地よい

天気の良い日に

心の奥にしまっていた

懐かしい記憶を取り出し

ほこりを払い陽の光に透かしてみるときがある

過去は一瞬キラキラと輝きそして

静寂と疼くような痛みを残し消えていく

凛とそびえるクリスマスツリーと

静かに降る粉雪を眺める

僕ら二人もやがては瓶に詰められて

どこかに置かれる日が来るのだな
そんなことを考えながら

君の隣で会話もせず

ただ雪が降る季節を待っている