物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

不機嫌ではないけど

役割を果たすためと、立場をわきまえるために、少しの時間は怖い人に成ろうと思う、行き過ぎると悪い人になってしまうから要注意だ。こんなのやだけどね、そんな僕も君にはいつも 感謝している、僕の味方でいてくれてありがとう。もしそうでなくとも僕はそう思ってるから幸せだろ、君には伝わらないかもしれないけどいつもいつも君に感謝しているんだよ、そうなんだよショートカットラブリー。