読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

僕は悪人だなって思う

「良い人ですね」と言われると

悪人ぶりたくなって、いい加減な男を演じてしまう

「いつも優しいですね」と言われたら

そんなことないよって冷たくそっけなく振るまってしまう

僕は枠に捕われた評価を受けたくは無いんだ

好意を持ってくれたなら、僕にはこう言ってください

「発想が面白いですね」とか「楽しくて飽きない人」とかね

誰かに必要だと思われたいのは

我が侭に振る舞ったあげく人に嫌われ

誰も周りに居なくなってしまった過去の恐怖があるからです

面倒くさい僕を「あなたって困った人ね」って抱きしめてくれるのが一番で

「ホントに困った人ね」と微笑んでくれたら

君が居る地球に生まれて来て良かったよって思えるんだ

そんなことばかり、女の娘に囁いているのだからやっぱり「僕は悪い人」なのです