読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

恋泥棒

イタリア人じゃないけど、女の子をデートに誘うのは礼儀みたいなもので

「君の華奢な肩が愛おしい」と肩を抱き

「綺麗な手を見せてくれ」と言って左手にキスをする

「夜景の灯りより君の瞳に宿った灯りが美しいよ」と瞳を覗き真顔で囁き

「君は水曜日だけ可愛いの、それとも毎日可愛いの」って笑顔で話しかけたりする

僕は偶然の出逢いを運命に変える、愛の奇跡を語るけど、はなから愛の存在なんて信じていない

「恋なんてゲームさ、楽しければそれで良い」と嘯いて誰彼かまわず恋心を撒き散らし、綺麗な花を摘んでは捨て去る

僕は所詮そんな男なのだから、君は近寄らないほうが良いよ、

お嬢さん

広告を非表示にする