物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

徒労であろうとも

「怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。

 長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ。」

ニーチェの言葉を鏡の中の自分に問いかける

 「新たな時代のマルクス

 これらの盲目な衝動から動く世界を
素晴らしく美しい構成に変へよ」

 宮沢賢治の詩は明日を生きる勇気を鼓舞する

コップの中の嵐でも

看過してしまえば世界を滅ぼす

大嵐になる

闘う大義はある

侮らず

真剣に相手に向き合い

彼の為にもこれで終いと

観念してもらおう

 

広告を非表示にする