物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

再会

色白の君が

夏の日差しに目を細め

日傘の中から手を振った

白いサンダル

花柄のワンピース

口にあてた

レースのハンカチ

全てが絵のように美しかった

君が僕のことを何時も

待っていた場所に立ち

好きな人を待つ

幸福な時間を思い出している

瞑目し深呼吸が必要だ

いつか君にあったら

ちゃんと笑えるか

自信はないけれど

「元気だった」って

言おうと思う

広告を非表示にする