物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

熱帯の夢

エアコンが効き過ぎた

店の片隅には

熱帯魚が退屈そうに

泳いでいた

彼らにこんな熱帯夜には

故郷の夢を見るのか

どうか訪ねてみたいが

僕は魚と話が出来ない

たとえ

言葉が通じても

理解し合える訳ではないのは

この世界では何処も一緒だけどね

魚心も水心も

解らない僕は

熱帯で生まれた風に揺れる

木々を眺め

小夜嵐の中

何処へ向かうのか

考えていた

広告を非表示にする