物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

「なみだは人間の作る

 いちばん小さな海です。」

と死んだ詩人は語った。

そうだね、僕が猫みたいに

君の涙を舌で舐めると海の味がしたよ

「一番透き通ってて美しい水

 って何か知ってるかい、

 恋をして、切なくて我慢して、

 我慢してこぼれた

 涙がきっとそうだよ」

と愛すべき歌手は唄った

君が流した涙は

この世で一番

きれいな水で

君の涙の海は小さく広く

深海の静寂と

珊瑚礁のさざ波を

併せ持つ

僕は波打ち際に立ち

君に溺れた日々を

懐かしく想い

ため息をつく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする