物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

耳を澄ませて、ゆっくり呼吸をした後に君を想う

君と僕は違う地平を歩いている

見上げた空に浮かぶ君の月は紅く、僕の月は蒼い

君の背中が夕日に押され溜息をつく頃、

僕は朝日を浴びて大きく深呼吸をする

いつかどこかで逢えるかもしれない、

もう逢えないかもしれない、

でも僕らは生きている。

僕と君はこの星の大気を深く胸に満たして呼吸を続ける

How wonderful life is while you're in the world