物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

生きているから、かなしいんだ

自分の周りで、不慮の事故や事件、自死や難病で亡くなった人、また忽然と社会から消えた人達の数を数えていたら、溜め息が漏れた。恐らく普通の生活(何を基準かわからないが)を送る人よりも数は多いのだろうと思ったからだ。

40年前は事故現場で震えていた。27年前の殺人事件はテレビニュースで知った。バブルが弾けた数年間は混乱で有象無象の友人、知人が次々に居なくなった。死神がやって来て自分の頭上を飛び越え隣の男を攫っていた時には、ただ運が良かったのだと思った。その後もう一度死神の背中を見送った後で、もう三度目は無いと思った。それ以来死に場所を見つけて生きている自分に気がついた。

いつも不様に生き残った自分を恥じていた。

優しい奴や立派な人間は早く死ぬと言うが、本当にそうだと思う。数年前に地下世界に巣くう魑魅魍魎から逃げ出せたかと思ったが、ことあるごとに呼び出されては、お前はこちら側の人間だぞと念を押されて恫喝された。暗闇の底で蠢く毒虫に絡みつかれ足を取られそうなになる、転んだら引き込まれる。

僕は良い奴ではないから生き残っているのさ、もう真っ当な生活を送ることは諦めている。命はとうの昔に捨てているから、せめて誰かの役に立って死んで行ければと思っている。

今回もそうだが、事情を知る者の一人として、マスメディアは恣意的に結論ありきでミスリードを続けるから口惜しい。ロジカルに事実を積み重ねていけば真実に辿りつくと信じてきたが、情緒的な気分や空気に影響されて真実は右へ左へ転がり定まらない。

ともあれ、僕はまだ生きている。生きているから哀しみ、身体には真っ赤な血潮が流れている。

善悪は是非に及ばず、もう一度地下に戻り金と暴力と権力が絡み合う世界で答えを探そうと思う。 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれだ、運が悪ければ闇に飲み込まれて死ぬだけさ、

“HASTA LA VISTA,BABY!”先に地獄で待ってるよ。

 

 

雨の朝に思う

雨音に目が覚める程気持ちは尖っていた。

誰もが彼女の死を悼み、助けられなかった無念を胸に宿し眠れない夜を過ごしていた。

悲しみと怒りはさざ波のように伝搬し心を揺らし続けた。

憎悪と憤怒が体を満たす前に諸悪の根源である怪物を排除しなければ、気持ちは収まらないのだ。

情報を元に相関図を作り人間関係を把握した。協力者と連絡を取り準備を整えた。

まずは身内で感情を突出させ間違った敵を見つけた者を懐柔し手の内に入れることが最優先だ。

「やるからには本気でやれ」とオヤジに背中を押されたからには覚悟は出来ている。

何時かは言えないがその時が来たら行動あるのみだ。

広告を非表示にする

成らぬは人の 成さぬ成けり

「あなたはいつも他人に厳しい、責任を自分と同じ様に人に求める。それにあなたみたいに容赦がない人は珍しい、何かをきっかけに人が変わったように冷たい人になる」

僕は生真面目で一所懸命な男だから、冗談を言って笑わせることも、相手を絶望させる一言を告げるのも、すべて同じレベルで行っているんだ。加減が出来ないから、一度本気になると走れるところまで走ってしまう。でも愚か者ではないから最短距離を真っ直ぐには走らないよ、相手の弾が当たらないようにジグザグに走って最後は相手にぶち当たる。

「自分を買い被り過ぎよ、一度スイッチが入ったらあなたは周りが見えないし、声が聞こえない。弱者を守る為だと言って、自分が嫌いな人達を怒りにまかせやっつけたいだけよ」

僕は自分がやられた分だけ相手に返しているだけだ。今回は当事者では無いけれど、自分を頼ってきた人を無下に追い返す事は出来ない。これは損得や銭金の問題ではない。社会正義を貫くことで亡くなった彼女の無念を晴らしたいだけさ、こんな荒事は経験値が高くて取る手段を知っている者がやるべきだろ。

「確かにあなたは怖い人だった、それに意志が強くて覚悟を決めたら最後までやりきる。あなたの目に狂気が宿っているのが分かる、怒っているのね、いつもは人畜無害な感じだから皆驚いてるわ」

僕はこのスタイルで人生を送って来たから、こんな生き方しか出来ない。見て見ぬ振りは出来ない、後戻りも出来ない。

「動き出したあなたは止められない」

そのようだ、今怪物を倒さないとこの先、厄災を振りまき世界を破壊する。こちらに牙を剥く前に仕留めるしかない、大丈夫焦らずに上手くやるから安心してくれ、君達には指一本触れさせない。

真実と事実

事実とは起こった現象を記録に基づき、ありのまま伝えることだと思っている。そして真実は個々が信じる結論に沿って好みの素材を集め作った作品だと僕は思う。

僕は今ある事件に巻き込まれている。自分が事実として認識しているものも、バイアスがかかって本当の事であったかどうか自信がない。現象について皆、自分が信じたいことが事実であると誤認している。関わった人間の数だけ真実があり、名探偵コナン君には悪いが、真実はいつもひとつではない。ましてや事情も分からぬ正義感に溢れたお人好しや他人の不幸を喜ぶ興味本位の野次馬達は、面白可笑しく真実を弄ぶ。

あの日生じたつむじ風が小夜嵐に代わり事件は起きた。大嵐になるかどうかは今後の展開次第だ、これから相手がどう行動を起こすかを予測し、問題が大きくなる前に対応するだけだ。最悪の事態を想定し最善を尽くすのは危機管理の鉄則だ。自分の能力の及ぶ範囲において、仇名す敵を迎え撃つしかない。 

尊敬すべきニーチェは言った「怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ」

僕は人間として怪物と闘う。決戦を前に心に強く刻むことは、後々振り返った時に後悔しない様、自分の言葉や行動に信念を持って対応することだ。

出来ることは自分の知るべき事実を手掛かりに、彼女の無念を晴らすことだ。いずれ事件が世に出るか沈静化して地下に戻るのか余談は許さないが、それを解決する事が僕の使命であるならば命を懸けて闘うだけだ。

広告を非表示にする

回転木馬に飛び乗っても街を出ることは出来ない

前に進んだつもりが同じ場所を廻り続けていただけだった。

自分の弱さは知っている、強がっていても繊細で薄っぺらな心は、微風に吹かれただけでも千切れそうに脆いのだ。

冷静で理知的な大人であるように外面を取り繕っているが、僕は誰かに支えて貰わないと、真っ直ぐ立つことも出来ない駄目な男なのだ。

そんな僕の事を理解し、受け入れてくれた君を失いたくはなかった、僕は誰にでも甘えている訳ではない。誰にでも本音を打ち明ける訳でもない。

君とは立場も世代も性別も超えて、一人の人間として対等に向き合った。君は特別な人なのだ、僕らの関係は君と僕でなければ成立しなかったのではないかと思う。

規則や法に縛られのは嫌で、自由が好きで窮屈には生きられないのに、自分をごまかし、嘘をついた。

こんなことを何回試みても無理だった。気持ちと行動が真逆で落ち着かない、無駄な努力はするべきではない、今回もやはり駄目だった。

何もしなくて良い、君には僕の傍らで僕の弱さや嘆きを見ていて欲しい。僕を認めてくれる君がそこに居るだけで僕は頑張れる気がする。

人騒がせで寂しがりやなのは承知の通りだよ、こんな僕でしかないことを認めるしかない。

君には、縁が尽きるまで僕の理解者でいてほしいし、僕も君の庇護者であろうと思う。

君は僕を良く知っているから、僕の決意が無理なのも判っていただろうか、せめてバカねと笑ってほしいな。

悩んだ末に出た答えは、物語は終わらず、また人生も終わらない。

ねえラブリー、こんな困った僕を君は今まで通りに受け入れてくれるかい、もし許されるのならば、感謝の印にリスを引き連れて集めたドングリを君に贈るよ。

 

波打ち際を歩いた日

波打ち際をシーグラスを拾いながら歩いた。4月の海は風が強く白く波が立っていた。横を歩く彼女の髪型が崩れて白いうなじから続く左耳のピアスが覗いた。僕は彼女の隠された艶めかしさに触れてしまったようでドキリとした。

海は曇り空を写したライトグレー、時々日が射すとエメラルドグリーンに光った、印象に残る良い風景だ。シーズンオフの鄙びた海水浴場は人影まばらで、プライベートビーチのように開放的だった。海と空、波乗り人、散歩をする犬と飼い主、淡い光が躍る春の海。

僕らは誰もいない貸しボート店の管理小屋の椅子に座って海を眺めることにした。しばらく水平線の先にある海と空の境界線を眺める、やはり風は強く向かい風で、海から訪れる何ものかを待っているような気持になる。その時不意にこのまま時間が止まれば良いのにと願ってしまった。小さな箱に入れて留めておきたい美しさ、この小さな世界の佇まいを切り取ってしまいたいと、僕は思った。

彼女のコートの左ポケットに、僕が拾った貝殻とシーグラスを預けた。今となってはシーグラスは人魚の涙と言われているとか、小さな貝殻の種類について説明する機会はない。もはや、そんなことは彼女にとってはどうでも良いことなのだろう。

全ては僕の頭の中を通り過ぎる個人的な風景、感慨、そして記憶だ。僕が見たのは幻想で春先の蜃気楼のような儚い夢だったのだ。

過ぎてしまえば懐かしく美しい景色だ。やがて思い出に変わるその日が来るまで待つしかない。君と過ごした物語はこれで終わりのようだ。

嗚呼、物語は終わっても人生は続く。楽しかったし嬉しかった、僕に生きる意味と癒しを与えてくれた、君は僕のウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリングだよ。

僕はずっと夢を見ていたんだ。君と二人で海岸線を歩くことを。それは拙くも叶ったからそれで良しとしよう。

そして君は可愛いそれも事実だから、名残惜しいが万事はこれで良しと思うことにするよ。 

広告を非表示にする

悲しいではないか

取り返しの出来ない今日がある。昨日に戻ってやり直せたら、別の結果になっていたのだろうか。そんなことは判らない、起きたことは事実に基づき現実的に対応するだけだ。なぜ、と言った所で理由なんて本人にしか判らないのだ。平穏無事な人生を歩めない僕だからこそ出来る事がある。向かって来る奴らに対峙して僕は愛する人を守る。体を張って怯まず堂々と対決する。嵐が起こったからには振り飛ばされないように、信じたものに掴まってやり過ごすしかない。

こんな修羅場に何度も立っているから慣れている。

今回も誰もが等しく傷を負うだろうけど、愛するものには指一本触らせない。

それは覚悟であり祈りなのだ。

 

広告を非表示にする