物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

海でのはなし

海は独りきりで見に行くものだ、時々海を見るためにだけ、仕事帰りに車を走らせたこともあった。

ふ頭の先端の駐車場で港に出入りする船を眺め、航海の始まりに高揚する期待感や旅の終わりの安堵と倦怠感を乗せた船を見送った。

対岸のお台場の光が幻のように輝き別世界の王国のように思えた。世界から取り残されたような気分で僕は独りで海を眺めていた。

三好達治は『郷愁』という詩の中で、
『海よ、僕らの使う文字では、お前の中に母がいる。そして母よ、仏蘭西人の言葉では、あなたの中に海がある』と書いた。その有名な一説を思い出しながら、フランス語の母(mere)の中に海(mer)が含まれることを誰かに話したくなったりしている。

海は命の根源だから、遠い故郷へ帰るつもりで僕は海を眺めていたのかもしれない。

君を海に誘ったのは、僕が大切にしている、感覚や場所を君に見て感じてほしかったからだ。君と見たい景色がある。小さな入江に沈む夕日。波頭を渡る風を潮騒を好きな人と共有したい。それはかなり素敵な考えだなって思いついたのさ。何時か、時間が流れやがては全ては思い出になる。この時代の空気を、季節を、そして君の笑顔の記憶をしっかりと胸に刻みたかったのだ。

君は気が乗らないならばきっぱりと断れば良いのさ。遠慮はいらない、無理を強いることはしない。君が居なくとも僕は独りで海に赴き水平線と空が交わる彼方を探して、人気のない春の海岸線を貝殻を拾って歩くことにする。僕が抱える悲しみも喜びも母なる海の前では些細なことで、自分を浄化させてくれる存在として、僕は海に深く抱かれにいく。弱い男のまま、甘えん坊のまま大いなる存在に身を投じるのさ。

兎に角海が見たい、遮るもののない自然に感情を解放しに出かけたい。

やっぱり僕のイメージの中では隣にいるのは君しか考えられないから、僕は苦しみ困惑しているのさ、なんだろやっぱり君が好きなんだ。

こればかりは理屈じゃ無いから、本当に困ったものだ。

広告を非表示にする

花に嵐の例えもあるぞ

語るべきことが、多過ぎると、何を書いてよいのか解らなくなる。

好きとか嫌いとか、感情と理性とか。

責任と義務、自由と権利、冷静で信頼感があると言われても、自分の思う真意が何かなんて分からないのだ。

好きな人と一緒に過ごす、困っている誰かを助ける。人を裏切らない、がっかりさせない。仕事と家庭、自由と不自由

所詮、未来は不確かで、人生がどう転ぶかなんて分からないから、今日出来る事だけを行い悔いなく過ごすしか方法はない。

ただ、自分の気持ちに嘘はつきなくない、好きなものは好きで、楽しいことは楽しい。

言葉は冷たくても目を見れば解るはずさ、変わらぬ想い、抑えても染み出る感情を止める方法を僕はまだ知らない

 

惜しくもないよ

ねぇ僕が死ぬまでずっと君は愛してくれるのかな?って聞いたら「いいえ、私が死ぬまでね、あなたもそうじゃないの」と答えてくれた。僕は君と一緒にいるときが一番楽しく笑っていられるみたいだって告げると「不思議ね私もそうよ、なぜかしら」なんて微笑むから、付き合いが長いということは、寛容に全てを受け入れ許すことなのだと感じ入る。彼女には敵わない。僕は贅沢過ぎる男だ、愛されることに慣れてしまって許されることが当たり前だと思っている。でもそれ以上に求めてしまうから欲張りなんだと思う。しかしながら有り余る愛を無償で誰にでも配ることで、均衡を保っているつもりだから罪だとは思わない、喜んでくるなら微笑んで全てを与えるつもりなんだ。自分だけが抱えているなんて無理なんだ。

眉間に皺を寄せて威厳や風格を得ようなんて浅はかで馬鹿げた事なのは判っていた。あなたらしく生きた方が良いですって今日、教えてくれた人がいる。ありがとう、僕を理解してくれる優しい君よ。慣れないことはすべきじゃないな、呆れられてもこれで良いのかな、少しは自重するつもりだけど、こればっかりだ。

海が観たいと唐突に思う、のたりとした春の海、水辺線と青空が溶け合う霞んだ海を日がな一日何もせず夕闇に包まれるまで、母なる海に抱かれてみたいと強く思う。隣にいるなら誰の膝枕が心地良いのかなって考えて僕は、威厳なんて持っちゃいけない人物なんだってハッと気がついて少し笑った。

広告を非表示にする

春なんて来なければいいのに

花曇りの空は嫌いだ、色のない街に桜を咲かせて街をピンクに染めて行く。春は心が落ち着かない。

穏やかで長閑な日差しの後には、突然不穏な夜風が吹き嵐を呼ぶ。遠く鳴る春雷の音に呼応するように、僕は自分の本性を思い出して、苦笑いを浮かべる。平穏無事なんて似合わないし退屈なだけだ。荒れ狂う嵐の夜に船を出すのが僕の生き方だったことを忘れていた。

僕は欠落した心の欠片(時には他人の分まで)を拾って歩くのが性分なんだ、渚に打ち寄せる波に洗われる貝殻を集めるように綺麗な形をした破片を集めて、破れた心に蓋をする。

穴だらけのガラクタの心からは弱さや寂しさがこぼれ落ちる。この文書はそんな気持ちが書かせているのかと思ったりしている。

我に返り居心地の良い場所で僕は背伸びなんてしていたことを反省している。

今日は休日を挟んだせいか、自分がなるべき人物から程遠く、自分の弱さを露呈した日だった。厳しく明確に線を引いたら、まずは近寄らないことだな、距離を取れば会話もなくなる、相手を傷つけないように嘘をつくこともない。好かれようと思っているからだめなんだ、顔は微笑んでいても心の中は強い風が吹き荒れていることを忘れるな、味方なんて要らない。

 

 

 

最期に隣にいるのは誰

3ヶ月後に隕石が地球に衝突して、大半の人類が死滅してしまうのなら、世界の終末を僕はどう生きようかと考えている。

自宅の地下にシェルターなんて無いし、政府要人に知り合いも居ない。隕石が海に落ちた後の大津波から逃れる為、高い山を目指しても車はきっと大渋滞で、大津波からギリギリ生き残ったとしても直ぐに食料も水も尽きてしまう。結局早いか遅いかの違いだけだ。ならば海辺で波の音を聞きながら、終末を待つのも悪くないなと思う。どこにいても僕はきっと世界が終わる日に慌てず騒がず軽口を言って皆を呆れさせていると思う。自然体で良いんだ。そして自分に正直に生きる。

人類が消滅する一日を誰と過ごそうか、家族と一緒にいるのが一番だろう、それ以外の答はない、拒否されない限りはね。

でも心の中では君と一緒だったらなんて思うのだろうな、そう思えるのはやっぱり君が好きだからだ、最期まで困った男だ。

求めず追い掛けず

僕の決意を示すように、年相応の分別と威厳を持って今日は過ごせたと思う。不思議と気持ちは落ち着いていて、甘えたことも言わず弱さも見せなかった。僕だってやればできるじゃないかと安堵している。

置かれた立場を考えて行動すること、それは簡単なことだ。心を殺せば良いのさ、感情を遮断して仕事の遂行だけを求めれはよいのだ。皆に対して私情を挟まず仕事の力量のみを評価すべきなのだ。愉しい仲間ごっこはおしまいだ。職場を束ねる為には、自らを捨てる覚悟がなければ誰も僕の言葉を信用してくれない。抑える者がいないからといって立ち振る舞いが傍若無人になってはいけないのだ。例外はなく誰にも隙を見せてはいけない、毎日毎日覚悟を改めて生きて行こうと思っている。そのうち慣れて当たり前になる日まで。

 

広告を非表示にする

春なのに

僕には平穏な人生は似合わないみたいだ。

困難を拾って歩くような僕は少し人とは違うみたいで、理解者も得難い存在だ。

窮地や逆境に陥った時に、人の本性が出るものだ、自分勝手に逃げ出したいやつは逃げればよいのさ、出来ない事を強いるのは私刑であり、人間性を奪うことなのだ。

疲れていたり、辛いのは誰も一緒で、誰にも共感を得られぬままこのまま続けていても時間の無駄だし、自分の判断が間違っているみたいで混乱してしまう。

良いきっかけを貰ったと思う、自分自身の襟を正し余計な感情は捨てるのだ。

もう声は聞こえこない、心は響かない、自分からご機嫌を伺いながら歩み寄ることは止めよう。

職場では誰にも好かれなくとも良いんだ、耳障りのある事を言ってそのためには嫌われても仕方がない。これは覚悟だ、甘いのはもう辞めだ

 

広告を非表示にする