物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

病膏肓に入る

風は冷たく、鼻が凍るくらいの寒い夜だ。

桃のピンクと漆黒の闇、僕は独りきりで夜の底を歩いていた。ああ、何故だか、ため息をつく度に君の事を考えてしまう。これは普通ではない、かなり重篤だ。

この感情の名前を僕は知っている。青年期の僕を苦しめ心を引き裂き、癒えることのない傷を残していった不治の病の名前だ。既に天然痘のようにこの世界から根絶されたと思っていた。

最初は違和感だった。何故君を目で追ってしまうのか、気がつくと君の側を彷徨き、話し掛けたりしている。困ったものだ。この病は最初は静かで哀しく美しい、進行すると嫉妬に焦がれ、暴れのたうち回り、手のつけようもないほど自分を痛めつける。冷静と情熱、何故今頃になって罹患したのか呆れてしまう。こうして、大きな運命の渦に巻き込まれるように僕は君の魅力に絡め取られ落ちてしまった。

愛おしい、だけどそれはね。息を吸って君を想い、息を吐いて君のことを考えないようにする。呼吸を整えるため、吸って吸って吐く、駄目だ君への想いが増え続ける悪循環に陥ってしまう。

君が好きだ、君の三日月の瞳が、隠した耳のピアスが、君の柔らかい手が、「チーズ豆腐」と呟く声が大好きだ。もう訳が分からない。ことほど左様に、溢れ出したこの気持ちは拙い僕の文章なんかでは伝わらない、言葉は不自由だ、情熱を隠して、冷静な大人を装う僕は不器用で、君には全てお見通しなのに、言い訳みたいな口調で君と会話をする。それはかえって恥ずかしいんだ。ごめんね、勝手だよな、困らせてるね、駄々をこねる子供みたいだ。

本当に僕よりも君は大人の女性で、君に甘えているのが解ってしまうから恥ずかしい。君の掌で転がされてるような気がするんだ。ああダメだな、特効薬はないみたいだから、諦めてこの病と付き合うしかないようだ。これでまた、明日の朝君の顔がまともに見れないな、自業自得たけど、困ったものだ。

 

広告を非表示にする

心全て引力 君しか 見えない 未来

賢明に隠しても、僕の気持ちは君に見抜かれている。君が感じたように、僕にも君の心の声が聞こえる気がするんだ。これは一種のテレパシーみたいなもので、同じ感覚を僕らは共有していると思うんだ。僕の思い過ごしかもしれないけどね。

それにしても、他の人に気付かれないように、君が視線に入らないように意識しないようにと僕は考え、ポーカーフェイスを気取っているつもりだけど、なぜだか君に近づいて微笑みかけてしまう。アイザック・ニュートン先生は木から林檎が地上に落ちるのを見て、林檎も地球も互いに引かれあうことに気がついた。僕は君に近づき、君も少しだけ僕に引き寄せられる。全てのものに引力は具わっているらしい。

「すべての物体は互いに引き合う。 その力の大きさは引き合う物体の質量の積に比例し、距離の2乗に反比例する。」この有名な説で言えば、君に近づくほど、君への想いが強い僕に、君が引かれていくことになるね、だから距離を取らないと僕らは離れられなくなってしまうんだ。近づく度に心は響き震えて揺れる。君が嬉しそうに微笑むのが見たくて君の側に近寄る僕は、確信犯なのだろうね。

せめて、心を解放して眠りに落ちる一時、意識と無意識の狭間の時間に、たった今君が僕のこの文章を読んでいる時に、僕は君の鼓動や息遣いを感じていたい。僕が紡いだ言葉のattraction(魅力や引力)に君が惹かれて、うっとりと君の心が満たされ心安らかに眠りにつくこと、それは僕の密やかな幸せなのさ。

「閉じ込めた 本音 痛み
 心のパーツ全て 言葉に変換して
 スポンジのハートには 愛は伝わるのかな??」

ねぇどうなのさ、ショートカットラブリー、伝わったかな、そして今日も困らせてごめんね。

僕は思うこの感情は続くと

君に会えば楽しくて、別れ際は何時も寂しい。どうすれば寂しくならないのかな、なんて考えている僕はやっぱり君の事が好きみたいだ。

近づけば遠ざかり、離れれば近づく、ふたりの距離は何時も少しだけ足りなくて、あるいは少し近すぎるのかな。そんなことを意識する僕のことを、君はすっかりお見通しで困った人だと受け止めてくれているはずだ。君は僕の理解者だから、許されると思って君に甘えている。僕は複雑で単純な男で、君への気持ちに嘘が無いことを君は知っている。

僕は運命を信じている。この人生で君に再び逢えると思って生きてきた。前世において僕らは恋人で親子で兄弟だった、時には陽向に眠る二匹の猫だった。

君は僕の無くした半分ではないのかな?

僕は君の無くした半分ではないのだろうか?

僕は記憶を思い出して、気がついてしまったのさ、だから辛いんだよ、失うこと傷つくこと会えなくなること嫌われることがね。

本当は別れ際に寂しくならない方法を僕は知っている。それは一緒に暮らすことなんだ。「しろいうさぎとくろいうさぎ」の物語に書いてあった。切ないな、神様は割と試練を与えたがるな、ラブリー気にしないでくれ戯れ言だ。

君は僕の妄想につき合わなくても良いんだ、僕の言葉なんて信じなくてよいのさ、

そうだ、ラブリー最近君は可愛くなくなちゃったよ、とても残念だよ、だって日に日に綺麗になっちゃうから僕は嫉妬しているんだよ。

おやすみラブリー、今度会う髪を切った君は可愛いのかな、綺麗なのかな、いずれにせよ、君が君である限り僕の好きは止まらないみたいだよ。

 

 

僕が部屋に入って来た時に笑い声は途絶える

声は聞こえない、心も通じない

叫びは届かず、振り返りもされず、夜の闇に取り残された。

僕を残してバスは出て行った、誰も僕の存在なんて忘れてしまって、隣に座っていた人でさえ、居なくなったことに気付かない。そんな寂しさは伝わらず、微笑みながら涙を流さずに泣いている。

自分本位は僕も一緒だ、誰かに求めてばかりで強がりを言って困らせ、呆れられる事を理解している。なりふり構わず必死に気を引こうと道化る僕は惨めだな。信じる生き方とは全く逆だから、苦笑いをしているんだ。

眠れぬ夜に過去からの銃弾に打ち抜かれ、身体に空いた穴を抑えて、自分が外側へ流れ出すのを防いでいる。砂時計みたいに加速度をつけて堕ちる心。自分が空っぽになる事への恐怖に、首を絞められ息が苦しい。

もうすぐ尽きて心を無くす日は近い。僕は僕ではなくなってしまう気がする。

いっそ朝日を浴びて砂になれば良いのに、望みは叶わず、誰かを頼り傷つけて、煙たい奴だと疎んじられる日々が続いて行く。

管理者として

敵をつくらず、味方も選別する。

利用出来るものは利用するが、必要以上に媚びることはしない。権力者には意見を控えて尻尾を振って懐くような真似は出来ない。

悪人にもなるが、残念なことに腹は黒くない。二枚舌で欺き陥れるような奴らとは違う。

表面上はどうであれ、上下をつけて人を見下す人間は尊敬出来ず、欲に目がくらんで魂を売るような奴は信用しない。

肩書きが人間の価値の全てだと勘違いする馬鹿にはまともな対応をしないし、後顧の憂いを招くものには距離を置いて自分からは歩み寄らない。

示唆や暗示を理解できない愚かな人、素養も教養もなく学ばず、目標を持たない人とは、自分の貴重な時間を割いてまで話をする事はない。

二回示唆して改めないなら、もう諦める。

感情を交えず事実を積み重ね、公平に人物を評価をするつもりだ。そのかわり足を引っ張る奴らの責任もとる。これは生き方であり覚悟なのだ。

広告を非表示にする

心は誰にも触らせない

人に優しく接すのは、期待していないからだ。力量を見極めて能力が足りない者には過度の期待はかけない。向上心も無く自らを磨くつもりのない者の話を聞くことはない。実力も無いのに要求だけを求める者は相手にしない。いつも自分の利益だけだ、悪いのは他人で自らの誤りを正さない。立派でおめでたい人だ。ある意味羨ましい。

緊張感の無い職場ではいけない、居心地が良いようでは仕事は捗らない。僕は煙たいぐらいでちょうど良い、孤高であるべきなのだ。引導を渡すのが役割であるのなら、組織防衛のためにも切り捨てるしかない。恐怖を与えて統治する、嫌な役回りだ。 やはり、此処は僕の居場所ではない。一日も早く逃げ出す事だけを考えている。評価を下す立場であるから、また誰かを追い出すことになる。

最初の決意は間違いではなかった。誰も認めず誰も信じず、仇なす者は退場して頂く。

個人的な感情は持たず、仕事を評価する。支持されなければ自分から出ていく、あとは楽しくやってくれ。ロクデナシな人生を送る僕が言っても説得力はない話であるけれど。

 

キス・イン・ザ・ダーク

デートの帰りに秘密のキスをして「後戻りは出来ないのよ」と瞳を覗かれると、ドキリと身が震え、嗚呼生きているんだと実感する。

あえて危うい吊り橋を好んで渡る僕は病んでいるのだろう、求められれば誰彼かまわず、愛を配り手品のようにスルリと唇を奪って優しく抱きしめる、開き直るつもりはないけれど、僕の行為が社会倫理に反していてもそれが日常であり、僕のやり方だ。そんなの僕には関係ない。それで離れてしまうのならそれまでの関係だ。人にも金にも物にも固執や執着はしない。

悲しい女、疲れた女は僕が抱きしめる。肩を貸して丁寧にゆっくり話を聴く。しっかりと手を握りながら辛かったね君は頑張ったねって、僕は君の味方だから安心してと側にいる。

いや、男女かまわず僕を必要だと認めてくれた相手の傍らでエールを贈る。それが僕がこの世界にいる理由なのだと信じている。峠を越えるまで相手から預けられた荷物を背負い一緒に歩む、時には相手ごと背負う事もある、無理をしているけど、出来る事をしているだけだ。

そして役割を求められなくなったら、僕は離れる。追いかけてまでは施さない。別れは必然で早いか遅いかだけだ。

一つ言えることは、自分の荷物はなるべく持たない、そして相手に預けるぐらいなら捨てる覚悟で生きている。

時々、こうして記すことでぶれる自分を戒めている。