物語は終わっても人生は続く

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

生存競争においては周回遅れのランナーの気分だ

僕は何時でも人生の節目の肝心なところで勝負に負けて、高みには至らず限界を知って退場するの繰り返しだった。小学生の頃に勤しんだ競技水泳に始まり、高校生でのレコード会社のバンドオーディション、大学生では文学賞への応募、業界最大手のメーカーへの就職面接、入社した企業での競争、自分が役員をしていたIT企業の新興市場上場に係るIPO話、自社ファンドの運営による不動産投資、動物(象)のレストラン事業、東南アジアでのタクシー会社の経営、名古屋の運送会社のM&A全てがもう少しで形になり世の中に出るきっかけとなったはずだったが、才能が足りず退けられてきた。そういえばM資金に関連する金塊取引という与太話もあった。小説やドラマの世界のような人生だと思う。

我ながら敗戦の連続で失敗の原因を探り、次に備えたが自分の力ではどうにもならないこともあり、やるだけやったことへの清々しささえ感じていた。

ただ、まだ出世への意欲は諦めきれず好奇心も留まらず、今回も筋の悪い話に乗って業界の大物を怒らせて詫びを入れている。どうやら死なずには済みそうだが、貴重な儲け話を取られてしまった。

何度も言うが、凡庸な人間が非凡に生きようと運命に抗った結果が今の僕だ。

出来る限りの挑戦をした、能力の限り力を注いだ。悔いはあるが反省はしない、命がけの伸るか反るかの選択は痺れる快楽だから、望んで危うい道を歩いているんだ。

誰もが尻ごむ危ない世界が好きなのだ。馬鹿なんだと思う、たぶん死なない限り治らない。

ただ、誘惑と欲望がうずまく世界で死なずに生き残ったのは一種の才能なのだと思う。

そこだけは認めてほしい、運が良かっただけだが、生き残る才能だけはあった。

 

パッチワークの心

長い休息は望めず、短い休み時間に息継ぎのように深呼吸をして自分を叱咤し前へ進もうと考えている。課題は、山積みで解決出来ることも出来ないこともあり、つぎはぎだらけの心はボロボロなのだ。

僕の居場所は世界の何処にも無い、逃げ道も塞がれて、今やいざ立ち往生の状況だ。そんな程度で甘えるな、命があるだけ良いだろうと叱られるだろうけど、それも保証されない現状では辛いものは辛いと言いたいよ。それに、言葉も気持ちも届かず、無視されたり否定される度に自分が間違っているような気にもなる(恐らく間違っているのだろう)

理解者も賛同者も見つからないのは、僕に魅力がないからで、ただ使い勝手の良い便利屋として利用されているだけの人生だ。好きでやってるように見えるなら、大間違いだと否定するよ。

求めても与えるだけで与えられず、親切は無償であれと思いながらも、心に余裕がないので、優しい言葉の一つぐらいは求めてしまう、それは贅沢というものかな。発言の意図を汲むことも出来ない奴らには理解は出来ない話だろう。現象ではなく本質の話なのだ。そんなことに拘る僕は勝手で迷惑な男だと笑えてくる。

通りすがりに声をかけてご機嫌をとる、それが当たり前だと周りも思っているから、調子の良い軽い男だと見られても仕方がないよな、表と裏が違いすぎて笑えない冗談のように日々は過ぎる。

心にはいつも風が吹いている、そよ風の日も嵐の日もある、夜風に吹かれ今日は千切れそうな心を両手で抑えていた。そう見えないのは一種の才能かもしれない。イヤ、僕が周囲に気配りするほど、誰も僕には興味がないからだ、見返りを求めることは愚かなことだし、叶わなければ誰かを責めてしまう。

大丈夫さ、全て承知の上でのワガママなのだよ。

孤独であろうと望んだのだから、心を強く持つべきだな、嫉妬なのか憎悪なのか外からも強く風は吹いている。竜巻に巻き込まれマンチキンの国に舞い降りたドロシーみたいに違う世界に吹き飛ばされそうだよ。異世界で魔法の靴を履いて生きるのは楽しいだろう、なんて思うのは疲れているのからだ。もしいつか機会があれば、僕は死ぬ日までふざけて笑っていた、と誰か僕の家族に伝えてくれないか、それも叶わぬ願いでしかないか。寂しいものだよ、ホントにね。

広告を非表示にする

既視感

破滅の予兆はあった、前回と同じように再びこの場所に呼び出され、命か金を選べと選択を迫られる。そしてこの後、僕がどう答えるのか知っている。

全ては後味の悪い結末となる、覚悟はしているとあれだけ大口を叩いていたが、この期に及んでやはり死ぬのが怖いだなんて呆れるよ、腹なんて座っていない、痛いのは嫌だし苦しいだろ、それに真っ暗闇の知らない場所で独りで放り出されるのはやだなぁと思う。僕の生殺与奪の権利は相手にあるから話を聴くだけだが、もう逃げ場はない。考えたくはないけど最悪に備えなくては、所詮考えたり悩んだところで、どうにもならないのなら、最期は笑っていようと静かに思うんだ。

広告を非表示にする

無害と無益は異なるものだ

今日も目を閉じると気絶しそうなほど眠いから心も身体も弱っているんだ。

僕は此処にいても良いのかな、僕は誰かに必要とされているのか、世の中の役に立っているのか、社会にとって価値のある人間なのだろうか。

労働し、消費し納税しているから最低の義務は果たしているだろうけど、誰にも何の影響も与えないケチな人生だ。別に突然居なくなっても困らない男だと思う。本当にそう思っているんだから嘘ではないよ。

自分には人間的な魅力も無いし、尊敬に値するような人格者でもない。容姿も人並みな疲れたオヤジだ。自分に自信なんてまるでないんだ。

だから預金残高の多寡と嫌いな筈の金儲けの技術にしか、価値を認められない残念な人なのだ。

実際に金のない奴は話も聞いて貰えないし、コネも増えず情報も得られず、斯界の有力者から相手にもされない。

凡庸で衆愚な一市民として、社会の仕組みに組み込まれて家畜のように餌を与える者に尻尾を振る、そんな人生なんて嫌だなと思うし、生きるに値しない。

正直、金には頭を下げたくないよ。でも権力の近くで、この世界を動かす仕組みや真理に少しでも触れたいと思っているから、それは刺激的で驚愕する事実の連続であり、好奇心をくすぐる世界なのだ。

ただ、僕が保有する金融資産を集めても、せいぜい8,000万程度で、不動産を処分しても2億に届くかどうかの中途半端な小物だから、秘密を握る金持ちの仲間には入れてもらえない。その割には勘違いした奴らが僕の廻りを彷徨い、小銭をせしめようと近づいてくるから可笑しいなと思う。

嘗められないように、金持ちの振りをするのは虚しい、虚勢を張る自分が馬鹿に思えて辛いんだよ。

僕には金儲けの才能は無い、富豪である親戚のように自家用ジェット機を所有していないし、妻の閨閥のように財閥の創業家に連なる人物もいない。持ってくる金儲けの話も小粒で、胡散臭い連中にアイデアを託して小銭を集めるだけのケチな人生だ。

それに僕はもう投資家ではないから、家族のお守りとして動かせない死んだ金しか持っていない。

金儲けの手段と知恵袋、それ以外に僕の魅力なんてないんだから、まともな人間が近寄らない現実を認めるべきだなとも思う。

別の道を探していく気はない、現実を受け入れて破滅するまで、如何わしい輩と付き合うしかないようだ。少なくとも彼らにはまだまだ僕は必要とされているみたいだからね。誰かが喜んでくれるのならそれで良いのさ、それも無くなればあとは死ぬだけで、気楽なものさ。

帰宅

久しぶりに家族が起きている時間に家に帰った。ただいまと言うと、こんばんはと下の娘は答えた。不思議な距離感に苦笑いをする。着替えてリビングのハンモックに二人で揺られ彼女が買いたい洋服の話と夏の旅行の話をした。仕事は多忙で予定は組めず、留守を頼める部下はいない。無理そうだと答えるとシュンと肩を落とした。余裕は時間かお金のどちらかだから、器量のない僕には二つは望めない。

僕は家族を愛している、家庭的であろうとも思うが、家庭に収まることは出来ない。

妻はそんな僕を理解し許してくれるから、甘えてしまうのだ。妻と二人の娘の為には何時でも命を差し出そう、僕が居なくなっても生活に困らない程度の金は用意している。休日以外に時間は余り取れないし、不在による安定を崩したくない。せめて出来ることは金と暴力装置の在処を用意して、脅威に備えることだ。力は正義だろ、愛するものは守り抜かなきゃね。それに人格者ではない僕の価値はそんなものさ。愛情に報いる為に、財産を残すことが僕が出来る愛情表現だと信じている。役割は最低限果たしているつもりだし、それ以上望まれても出来ない約束には応えられない。家族の邪魔にならないように寝室へ移動して大人しく眠る、偽りなき心で家族の無事を祈る。今日はそんな日だ。

広告を非表示にする

無理やりの無理はしていない

風邪を引いて声がかすれて、喉が痛い。でも夜の街に繰り出して、誰かと会って話をすることは止められない。僕は何時死んでも悔いはないから、多少のことなら無理をする。

実は女の子と過ごす時間より、ろくでもない危険な話を持って来る男達と会う時間の方が多く回数も多い。生業としている仕事の付き合いよりも、熱くて濃い人間臭い男達、そんな奴らとたわいのない儲け話をするのは楽しいから誘いを断らない。欲得ずくのシンプルな人間関係は立場がはっきりしているから、わかりやすい。持っている金やコネが価値である。

凡庸な人間だけども退屈だけは嫌だな、楽しくないのは寂しくていけないね。独りになりたくない、賑やかな場所で笑っていたい。

業が深い俗物だからこそ、迷惑をかけて自分をアピールしている、僕は此処にいるよ、ねぇ構ってほしいと甘えている。

それが本当の自分なのか、作られた姿なのかは僕にも分からないし、それにどう思われようと関係ないよ、くだらない男だと嫌われるのは慣れている。

 

拝金主義者の孤独

ここ何年も長くは眠れず、2時間適度の浅い睡眠を2回程度繰り返し朝を迎える。夜は恐怖であり、忍び寄る不安と鎌首をあげる猜疑心に潰されて息苦しくなる。

深夜には、過去の悪行に苛まれ心が潰れて悲鳴をあげる。亡くなった友人、知人が手招きをしているから、そちらに堕ちていく方が気持ちが楽だと誘惑に負けそうになる。

でも、逃げれるうちは逃避を続け、追い付かれたら諦めようと思う。

暗闇の隣に誰もいないのなら、せめて綺麗な歌が聞きたいとも思う。寝付けない僕には子守歌が必要なのだ。歌声に抱かれそのまま死んでしまいたい。

愛しても愛を与えられず、愛されても愛を与えずで生きてきた。僕は本気で向き合いながら逃げ道を用意する周到さで生き残ってきたが、その場しのぎはもう限界だ。

女に依存し甘える生活も飽きてしまった。太宰治氏に倣って一緒に死んでくれる女を探していたが、もうやめたよ。

僕は誰かに必要とされているのかな、金や利便の提供以外で他人の役に立っているのかな、人間性に魅力がないから、金の力に頼り、金の力で言うことを聞かせているのは承知している。命の次に大事な金を使って相手の心を引き留めている。一文無しになったら、僕の味方は一人もいない。淋しいけど仕方がないし、それが答えである事は30年も前から知っていた。朝なんて来なければ悪人を続けることもないのになんて考えている。 

 

広告を非表示にする